482 名前:U-名無しさん@実況はサッカーch :2012/01/19(木) 02:28:31.72 ID:vQnYB5rW0
イタリアのサッカー選手を夢見る孤児たちを育てる団体に、中村俊輔がサッカーボールを送ったことがあった。
それも、200個ものボールを。 子供たちは、とても喜んだ。

しばらくして、やはりJリーグが同団体にボールを寄付することになった。
エージェントが現地へ赴き、少年たちにボールを渡す。
少年たちはやはり喜んだが、渡されたアディダスのボールを見て
「アディダスではなくて、メーカーは『俊輔』が良かった。」
「『俊輔』のボールはとても使いやすかった」
と口々に言う。

Jリーグのエージェントは首をひねった。俊輔?そんなメーカーがあっただろうか。
「これだ」と、手渡されたボロボロのボールを見てエージェントは驚いた。
すでにかすれてしまっているものの、ボールにははっきりとサインペンで

「努力し続けて下さい 俊輔」

と、現地の言葉で記した跡があった。
200個ものボール全てにカズは自筆のメッセージとサインを入れ、
それを子供たちは「カズ」というメーカーのボールであると思い込んでいたのだ。