236 名前:名無しさん@恐縮です [sage] :2013/01/08(火) 13:17:25.04 ID:SJcoOneG0
 「今さら何を言っているんだと思われるかもしれないけど、今すぐにでもカタールを離れ、日本に戻ってプレーしたい。」

 「Jリーグのレベルは高いし、満員のサポーターで埋まったスタジアムでのプレーはファンタスティックな経験だった。」

 「確かにカタールの方がサラリーが高いけど、あくまでも”提示額”であって、実際の”支払額”ではないからね。」

 「だから、奥さんからはよく叱られているよ。『なんでカタールなんかに来たの。早く日本に戻りましょうよ。』ってね。」

 「僕自身、今回の件で他人と付き合っていくうえで、最も重要なのは人柄だということが、身にしみて分かったよ。」

 「ただ、ウム・サラルとの契約解除。実はこれが、厄介きわまりなくて・・・。」

 「今回の移籍金500万ドルのうち、まだ300万ドルしか名古屋に支払われていない。もし、僕がウム・サラルを早期に退団すれば、ウム・サラルは(残りの)支払いを拒否する可能性が高い。そうなると、僕に名古屋への支払い義務が発生するかもしれないんだ。」

「さらに、円満に退団しないと、カタールという国から出られない。今後の交渉は慎重に慎重を重ねる必要がある。」

「でも、Jリーグに復帰する夢を叶えるため、僕は常に前を向いて頑張ろうという気持ちに溢れているよ。」


これが中東移籍の現実