860:名無しさん@恐縮です [↓] :2012/12/24(月) 14:03:19.92 ID:+dNUc6SR0 (12/14) [PC]
今のサッカー雑誌見るとすげえなあと思うものね。
Jの小さい試合までボールの支配率なんかの数字が出るのは当たり前、
大きな試合だとパスコースの時間ごとの分布、カウンターの際の守備陣の
動きの変化、こういうパスを通していればこういう攻めが可能だったとかの
シミュレーションなんかがバンバン出てくる。
むかし「ファンは変わった、選手も変わった、変わってないのはマスコミだけだ」
なんて言われていたものだけど、ファンの意識が高いからマスコミも必死に
ならざるを得ないし、なにより記者やライター自身が世界を見、トップを見て
サッカーを見る目が自然に肥えてきているのが大きいみたいだ。

かたや野球は漫画の「ラストイニング」ほどの切り込みすらできてない。
週刊ベースボールは佐藤が編集長になった時にかなり手に取る率が減った。
一番面白いのは宇佐美さんなんかのデータ解説だけど、それが日常の
試合の面白さや実況中継の充実なんかにつながっているように見えない。

まあサッカーの民放中継だってひどいもんだけど、それでもなでしこの
試合の報道で、朝7時のニュースで解説の大竹さんが「敵陣にスペースを
作るためにフォワードが敵ディフェンダーを引き付けられる動きが出来る
パスをどうやって持ち込むか」なんてことをビデオで語っているのを見ると、
ああサッカーは確実に前進しているなあと思えるから。

プロ野球ニュースなんて江本だよ。お話にならない。