サッカーコピペまとめブログ

秀逸なコピペ・短レスを紹介していきます。

2012年12月

44 名無しさん@恐縮です sage 2012/12/23(日) 15:55:05.98 ID:TPMU1dLw0
今後のガンバに期待すること

天皇杯優勝
J2ながらACL優勝
CWCで南米チームをジャイアントキリング
J2は3位に終わり、プレーオフで京都に敗れJ2残留
 

36 U-名無しさん@実況はサッカーch Mail:sage 2012/12/22(土) 13:23:03.62
ID:jxcB69BE0
ユースから昇格者数 トップ5
①東緑41人 ②横鞠40人 ③脚大37人 ④広島33人 ⑤千葉湘南 28人

プロ選手輩出数 トップ5
①東緑65人 ②横鞠62人 ③広島49人 ④脚大46人 ⑤千葉木白 36人

プロデビュー者数 トップ5
①東緑52人 ②横鞠49人 ③脚大広島40人 ⑤木白31人

ユースタイトル数
①広島9 ②東緑脚大7 ④横鞠5 ⑤瓦斯4

日本代表デビュー者数
①脚大千葉7 ③横鞠5 ④広島木白


下部組織四天王 
広島 脚大 横鞠 東緑

951 名無しに人種はない@実況はサッカーch Mail:sage 2012/12/23(日) 01:37:33.77
ID:d3LkLhVN0
ジェノア戦。
・鳩の大群がインテル側のゴール裏に向かっていましたが、それを爆音で
 追い払っていました。鳩たちも空気を読みスタンドの外に逃げていきました。
・リッキー、ガルガーノのミスは最初から目立っており。
・FKをとるたびに「グアリンに変われ!」のヤジ数か所で聞こえ。
・カッサーノのむなしいクロスに長友・日本人がいればの声を発する人近くに2人おり。
・ジェノア選手がカピタンに出したイエローはもろスタンド前だったのですが、
 露骨なつかみでサポーターが大ブーイング。よく見えました。
・後半のキヴの交代にロッソ2階席無反応。しかも最後でキヴがイエローを出した時、
 抗議しているキヴを見て 「もう十分だから早く行け」のヤジ。
・スタジアム前の出店ではスナのユニフォーム10ユーロで安売り。

ヤジ程度ならヒアリングは可です。

655 名無しさん@恐縮です Mail:  2012/12/21(金) 13:10:54.67
ID:Yj1lpvhz0
意訳
本田:おまえはいちいち言い返してくんなカス
前田:ちょ食いすぎw
香川:オーラ無いよね
長友:インテルだからって調子に乗るなよ
今野:おまえ笑われてるよクスクス
マイク:社交辞令乙
遠藤:不思議ちゃん
吉田:俺に迷惑かけんな
岡崎:おまえダサイよ
内田:おまえは俺のものだ、誰にも渡さん
清武:普通君
細貝:こいつあんまシラネ、嫁の話でごまかすわ
宮市:内田のの次に好き
乾:メンヘラwww
長谷部:真面目のイメージ壊してやんよ

10 名前:名無しさん@恐縮です [sage] :2012/12/22(土) 21:56:10.65 ID:HA7AQFh9O
日本代表歴代得点ランキング

1 釜本邦茂  75得点 76試合
2 三浦知良  55得点 89試合
3 原博実   37得点 75試合
4 岡崎慎司  29得点 58試合
5 高木琢也  27得点 44試合
6 木村和司  26得点 54試合
7 中村俊輔  24得点 98試合
8 高原直泰  23得点 57試合
9 中山雅史  21得点 53試合
10宮本輝紀  18得点 58試合
11柳沢敦   17得点 58試合
11中澤佑二  17得点110試合

60 :名無しさん@恐縮です [] :2012/12/21(金) 20:58:39.17 ID:cglKU05w0 (2/5) [PC]
>>1
このコピペ当たってたな

     ↓↓↓↓

128 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/08/04(土) 13:11:45.66 ID:IZimvkxK0
スペインはバルセロナ中心に八百長やりまくり
他のチームの監督が八百長認めても何故か警察は無視してる(一部のマスコミは追求)
欧州ではバルセロナのCLの審判買収も有名(UEFALONAで検索)
FIFAのスポンサーでもあるカタール財団がバルセロナのスポンサーになってからはCLで審判買収しすぎ(アジアカップの日本対カタールみたいな試合)
カタールは金でW杯誘致成功など実質FIFAを支配している
そのカタールとスペイン(バルセロナ)はイタリアが大嫌いでユーロ直前に対戦するイタリアに八百長問題をぶつけてきた
そして次は今期からCLでバルセロナをしのぐ強さと評判のユベントスに対する嫌がらせとして
八百長やってないのに話持ちかけられてそれを断ったけどその事を警察に通報しなかったことで罪にされ監督の資格停止(コンテ)
CLでくじ操作も盛んでスペイン勢は楽な相手としかやってなくそれでもポイントを稼ぐ
前回のCLでは何故かマスコミとFIFAがCLの決勝はクラシコとCL始める前から宣伝してた(トーナメント表が初めからわかってる)
イタリア勢は超高確率でプレミア勢とぶつけられる(カタールはプレミアも嫌いな可能性)

ちなみに最近ミランやセリエの有力選手ばかり引き抜いてるパリサンジェルマンというチームがあるんだが
これもカタールがスポンサーでそのカタール繋がりでアルジャジーラがリーグアンの放映権を押さえてる

などなどイタリアとスペインの関係は複雑なんだ
 

299 :名無しさん@恐縮です [↓] :2012/12/21(金) 22:03:23.17 ID:k5nAB9gt0 (15/18) [PC]
toto,スポーツ振興基金 2009-2011


□野球(全日本アマチュア野球連盟)
_¥52,266,000 (約22%toto¥11,753,000)
□野球(財団法人全日本軟式野球連盟)
__¥8,887,000 (約41%toto¥3,687,000)
□野球(社団法人少年軟式野球国際交流協会)
__¥8,010,000 (約11%toto¥921,000)※2011のみ
□野球(財団法人日本野球連盟)
_¥20,202,000 (約100%toto¥20,202,000)
□野球(社団法人全国野球振興会)※2011のみ
__¥1,643,000 (約100%toto¥1,643,000)
□野球(特定非営利活動法人日本女子野球協会)
__¥5,990,000 (約54%toto¥3,240,000)※2011のみ
□野球(特定非営利活動法人埼玉県早起き野球協会)
__¥1,004,000 (約100%toto¥1,004,000)※2011のみ
□野球(特定非営利活動法人東京都早起き野球協会)
____¥771,000 (約100%toto¥771,000)※2011のみ
□ソフトボール(財団法人日本ソフトボール協会)
_¥74,934,000 (約45%toto¥33,987,000)

□柔道(財団法人全日本柔道連盟)
¥609,134,000 (約33%toto¥200,990,000)
□フェンシング(社団法人日本フェンシング協会)
¥180,643,000 (約30%toto¥54,766,000)
□バドミントン (財団法人日本バドミントン協会)
_¥96,548,000 (約24%toto¥23,592,000)
□競泳/飛込/水球/シンクロ(財団法人日本水泳連盟)
¥345,308,000 (約20%toto¥70,770,000)
□レスリング(財団法人日本レスリング協会)
¥360,656,000 (約23%toto¥83,425,000)
□卓球(財団法人日本卓球協会)
¥187,902,000 (約27%toto¥52,125,000)
 

121 名前:名無しさん@恐縮です [sage] :2012/12/19(水) 22:42:20.17 ID:UvifkODo0
2006年大学選抜

GK 
時久省吾 赤星拓 阿部伸行

DF
村上佑介 細川淳矢 小宮山尊信 廣井友信 鎌田次郎 滝口陽平

MF
岡田隆 田村直也 野崎陽介 本田拓也 山本脩斗 兵藤慎剛 鈴木修人 島嵜佑 奥山泰裕

FW
難波宏明 巻佑樹 原一樹 早坂良太

675 :U-名無しさん@実況はサッカーch [↓] :2012/12/20(木) 15:02:28.94 ID:7kIM5oPR0 (3/5) [PC]
世の中にはもっと悲惨な人がいる

[2009/4/20]浦和山田直がU20合宿辞退、筋肉系検査
[2009/6/2]岡田監督は山田(浦和)の離脱について「 その本人が『痛い』と言ってるのだから、大事にした方がいい。追加招集は考えていない」と説明
[2009/7/8]浦和・山田直輝、原因不明の背中の痛みで長期離脱の可能性…11日の広島戦欠場決定的
[2009/8/18]病院で精密検査を受けた結果、左足首じん帯損傷と診断された。「復帰までは最低でも3~4週間はかかる」と、関係者。
[2010/1/8]山田直、J開幕絶望的…右ひ骨亀裂骨折全治4か月
[2010/8/8]浦和・山田直輝(20)が右すねの打撲、再び長期離脱も フィンケ監督「今週の不幸なニュースは直輝がケガをしたこと」
[2010/9/6]浦和・MF山田直輝、右腓骨亀裂骨折で全治まで2~3か月...練習中に負傷 アジア杯・イエメン戦で痛めた箇所と同じ
[2011/1/30]浦和、合宿最終日で負傷者続出…田中、山田直、坪井、宇賀神が負傷
[2012/2/10]山田直輝が浦和キャンプ中に負傷 練習を離脱
[2012/2/27]山田直 練習試合欠場 左膝に軽度の炎症
[2012/3/21]浦和 山田直 左膝靱帯損傷で手術

このページのトップヘ